RSS | ATOM | SEARCH
レッスン1 〜チョーキング〜

さてさて、はじまりました、トモヤムクンギター教室通信講座(笑)
お困りの友達もいるようなんで、こんな形で教えていきます

とりあえず、基礎からいろいろ教えていきたいと思います
ただ、僕のが正しいとは限らないんで、参考程度に

まず、基本テクニックにおいて、もっとも重要なテクニックの一つ、チョーキングをあげるね
記号
『C』(1音チョーキング) :これは弦を引き上げて、一音上げる 
ここから・・・・
例えば、これは3弦の5fを押さえた状態。
音は、ド(C)
こう
そして、3弦の5fを押さえたまま、弦を押し上げることによって、ド(C)の音から、一音あがった、レ(D)の音になるんよ

もし、『H.C』と書いてあった場合は、半音チョーキングって、言って、名前の通り、半音だけ音をあげる
『Q.C』はクォーター・チョーキングって言って、半音の半分の音(だから、クォーター(4分の1))をだすんだけど、これは正直、音を聞いても分かりづらいんで、自分の感覚で感じ取ってもらえれば良い

『U』という記号はチョーク・アップって言って、普通のチョーキングの場合は、ドの音から、レの音に上げるっていう、課程があるのに対して、最初から、レの音にしてから弾く
簡単に言うと
こう
この状態にしておいてから、弾くんだよ
ちょっと、言葉じゃ説明しにくい(笑)

逆に『D』とあったら、『U』の反対で、弦を一音下げる、チョーク・ダウン

細かいことを言えば、もっとあるんだけど、とりあえずこのくらいで

さてと、非常に説明しづらいことがよく分かった(笑)
もうちょっと、パソコンのほうに知識があれば、譜面やなんかも出せて分かりやすかったかもしれないけど(汗)
もし、何か分からない記号やテクニックがあったら、どんどん言ってね

author:トモヤムクン, category:トモヤムクンギター教室, 22:49
comments(3), trackbacks(0), pookmark