RSS | ATOM | SEARCH
『3652』と伊坂幸太郎と斉藤和義と中村義洋の『絆』の話

自分にとってリアルタイムで読める作家は伊坂幸太郎だけ
この人の作品は昔から好きで、どことなく感性が自分と似通ってるように思えるんだよね
何というか、こんなことをまだ世に出てない僕が言うと負け惜しみにも、(負け犬ではなく)野良犬の遠吠えにも聞こえるかもしれないけど、伊坂さんの書く台詞やストーリーを読む度に「先を越された!」って思うんですよね
その独特な世界観と洒落た口調をするクールな登場人物が受け入れられない人もいて、結構この作家は賛否両論ある作家
それこそ作風が似て非なる村上春樹にも同じ事が言える
けど、僕は賛否両論ある作家というのはある意味では信用出来る作家だと思ってる


そんな伊坂幸太郎のエッセイが出ました
201102040043001.jpg

「3652」です
愛知からこっちに帰って来る電車の中で読み始め、そして読み終えました
エッセイ本ってあまり好き好んでは購読しないんだけども、伊坂幸太郎ということで買いました
伊坂さんの人柄が表れている一冊で、どこを読んでも共感できる部分があり、考えや嗜好、そしてどことなく性格も似ているような気がしたんです
だから読んでいる自分と書いている伊坂さんの対話をしているような気分に浸っていました
決して爆笑できるエッセイではないけども、思わずクスッと笑ってしまう、そんなエッセイです
僕は一つの爆笑よりも、こういった所々笑わせてくれる本が好きですね

最近は伊坂さん関連の本が多く出版されてるね
もう半年前になるのかな?
「マリアビートル」も発売されたし、それに文藝文春からは伊坂幸太郎の解読書というか説明書のような本(笑)も出版されたね
201101260015000.jpg
この本は以前発売されたファンブック(?)よりは良心的で、必ずしも崇拝されているような本じゃないです
正直、前に発売されていたものはとにかく伊坂さんを褒め称え、崇める、まるで伊坂賛歌のように感じられて、あまり読む気がしませんでした(好きな人には申し訳ないですけども)
この本には伊坂さんを読み解くにあたって必要な事柄が多く記載されています

そして何と言っても、伊坂さんと、そしてせっちゃんこと斉藤和義、そして伊坂作品の映画を監督してきた中村義洋の対談が注目です
それぞれのファンには堪らない対談でしょう
対談自体、それぞれの色が出ていて面白かったですよ

何より伊坂さんとせっちゃんの対談が本になるのは「絆のはなし」以来じゃないですか?
この二人の対談は好きなんですよね〜
ゆるゆるのせっちゃんと謙虚な伊坂さん(笑)
この二人最後のアンケート見る限り、殆ど嗜好が正反対なんですよね(笑)
けど、なぜか同質の空気感を持ってるんです

だからこそ「ベリーベリーストロング」という名曲が生まれたんだろうね
あの曲は好きですね〜
伊坂ワールド壊さず、それでいて斉藤和義の世界観を織り交ぜていて、これ以上にないコラボ作品
せっちゃんが書くストーリー性のある曲って好きなんよ
「やわらかな日」なんかもね

そして、同じように世界観を壊さず映画を作り上げた中村監督も素晴らしい技量の持ち主
だからこそ、この三人がそれぞれの分野の才能で作り上げた「ゴールデンスランバー」や「フィッシュストーリー」は三人の絶妙なコラボレーションが観られます

伊坂幸太郎は始めを知っている作家です
だから僕は彼の行き着く果てまで見て行きたい

author:トモヤムクン, category:趣味, 16:41
comments(1), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:41
-, -, pookmark
Comment
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色, 2012/11/23 4:50 PM









Trackback
url: http://highlow7tom.jugem.jp/trackback/677
「3652―伊坂幸太郎エッセイ集a decade」伊坂幸太郎
「喫茶店」で巻き起こる数々の奇跡、退職を決意したあの日のこと、「青春」の部屋の直筆間取り図、デビュー前のふたりの恩人、偏愛する本や映画に音楽、「干支」に怯える日々、恐るべき料理、封印された「小説...
粋な提案, 2012/11/23 4:28 PM